Mount Position跡地

大山と書いておおやまと読まない大山がいろいろとなんかを描いてたところですが引っ越しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏も近づき

終わりのクロニクルよりブレンヒルト・シルト
 だいぶ暑くなってきまして、暑さに気力を食われ
ろいろとめんどくさくて堪らなくなりもうし。
ご飯作るのもめんどくなってまともに作る気力がでねえですよ。
冷凍食品まんせー。


絵は終わりのクロニクルよりブレンヒルト・シルト
sai、ほんとに描きやすいなぁ、うん。


読了
銀盤カレイドスコープ Vol.7 リリカル・プログラム:Be in love with your miracle:海原 零:スーパーダッシュ文庫
スポンサーサイト
  1. 2006/06/29(木) 01:33:10|
  2. AHEAD・都市絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイレントヒル

看護婦さん
 てなわけでサイレントヒル感想

 最低で最悪に趣味悪く気持ち悪い映画。
つまり最高ってこと。
 自分はゲームはやってませんが、一緒に行った器械さん
サイレントヒル大好きな方でした、そして器械さんは大絶賛でした

 んでこっから感想、映画の前情報は皆無で見てーよこのペド野郎って人は見ないでくだしい。
でもぶっちゃけ公式サイトよりバラしてる部分少ない、良心的感想?




 30年前の大火災により多数の死者を出し、今も地下火災を続けるゴーストタウン、サイレントヒル。
町には雪のような灰が降り濃霧に覆われてまともな視界さえない。
冒頭のこの時点でもうPS1時代のローポリな背景が目に浮かぶんですよ。
あの時代の3Dゲームはスペック的な問題で背景をフル表示とかしてなく、
視界の先は霧や闇に閉ざされて、そしてその見えない怖さがありました。
もうそこらへんの感覚がばっちり浮かんでくるんです、自分 サイレントヒルやってないのに。
 そして出てくるクリーチャー、まぁ趣味の悪いこと悪いこと。
三角頭とかゲームからゲストの方々のほうが多い気もするんですが、
一番初めに出てくるお方、最初何か判らんかったんですが判ったとき中々に胸糞悪くなります。
 そうして”闇”を見せ付けられる前半。
 そして後半はそれとは別の”闇”も見せ付けられます。
この人間の闇がもう気持ち悪いったらありゃしない。
ここらへんはもう流石にネタばれが過ぎるんで言いませんがもうね、もうね。
気持ち悪い。

 おそらく大抵の原作ファンの方も満足できる出来なんじゃないかと。
逆に原作やってない人でも十分に満足できるかと。
怖いは怖いが、それよりも気持ち悪いそんな映画。
気持ち悪い気分に浸りたいって方にはオススメ。
  1. 2006/06/27(火) 23:21:30|
  2. 版権絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大和撫子を描けって割と曖昧


 絵は誰かさんが「外人の大和撫子って見ないね、特に黒いの」
と言ったのでとりあえず描いた。……大和撫子ってこんなんか?

 サイレントヒル見てきたー、すげーいい出来ー。
多分明日感想書く。
  1. 2006/06/26(月) 23:55:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掃除


 部屋の掃除をして、しかし一向に終わらない。
……軍曹、捨てる勇気を俺に。
  1. 2006/06/25(日) 23:46:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画えいが試写会ししゃかい


とりあえず描きかけの絵で


 M:i:Ⅲ見てきたー。
監督ぜんぜん聞いたこと無い人だったんでぜんぜん期待しないで行ったら
結構面白かったんでやんのー。
 自分は新スパイ大作戦が好きで中学だか小学生だかのころ日曜深の放送を
心待ちにしていたような人です
そんな自分的には結構満足な映画。

 当然ながらⅡのジョン・ウーノリからは一転、再びスパイものとしての映画に。
でもまぁアクションもしっかりしてるというか、序盤 風力発電機の風車の中での
ヘリチェイスはかっこいい。風車モエス。
バチカン作戦でのタイムスケジュールギリギリの綿密な作戦は見ててわくわくします。
しかし、残念ながらというかお約束というかラストがちょっと強引。つか後半は力技。
ラビットフット強奪作戦は笑いどころだろうか。
 あの人がああならあそこであれはおかしいだろ的なところもあったりしますが
スパイ部分が面白かったのでよし。

今月はあと二本見る予定~、夏休み映画おおいネー。


 あとカーズも見てきた。
フツー。
ふつーに王道で面白いのでコメントしずれー。
とりあえず、一番かっこいいのはグイド。


拍手レス
>daisukidesu-(*´ェ`*)ポッ
結婚しましょう

読了
気象精霊ぷらくてぃか(5) イツミ組潜入レポート:清水文化:富士見ファンタジア文庫
  1. 2006/06/24(土) 23:58:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

資本主義の豚が


 ハルヒ、ライブアライブに合わせて一秒間にレイプ十回発言ハルヒとか
歯ギター長門とか昨日描こうと思ってたら微妙に間に合わず、そして
本編でDMCネタ、しかも資本主義の豚付という芸の細かさをオフィシャルで
叩きつけられたので、とてもじゃないけど表に出せないので闇に屠ります。
絶対多数ネタだろうしなぁ。

 絵はうたわれるものよりカルラ。
でかい乳はやっぱむずいねん
Saiの験し描き程度に使ってみたり、痒いところに手の届いてるツールだなぁ。


読了
ボクのセカイをまもるヒト2:谷川 流:電撃文庫
  1. 2006/06/19(月) 23:40:27|
  2. 版権絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うむ


 ハルヒのあのぐちゃぐちゃの構成は
後半に長門萌えを集めるためだと認識する。


 絵はアルジェントソーマよりフランク
なんとなく描きたくなって。しかし資料ない。
下半身とかマジワカラネェでゲス。



拍手レス
>屋上 酒 自分は未成年なので……あ、ノンアルコールなら(ry
 ノンアルコールなこどもびいるにホッピーを足したこの新感覚こどもビールで!
  1. 2006/06/18(日) 23:54:03|
  2. 版権絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カボチャ鋏

パンプキンシザーズよりセッティエーム

 パンプキンシザーズの五巻が出てたので読みー。
アニメ化か、マジか。あと伍長が影薄すぎーな五巻。
看護婦さん、オソロシス……

 絵はパンプキンシザーズよりセッティエーム。
実にあざといキャラである。大好物だ。
あとカバー折り返しのセッティエーム見て、大婆さまを思い出した奴。

屋上


 来週でセイザーXも終わり、本当に神番組だった。
超星神シリーズ、正直微妙だと思っていたわけですが、
最後の作品がものすごい輝き放ちやがった。
 アクション、巨大ロボの撮り方、ストーリー、コメディ
全部及第点以上で今週のたっくんの台詞も少しずつ成長し
てきたたっくんを見てきたから本当に重みがあった。
 来週まで正座して待つヨ!!


読了
ボクのセカイをまもるヒト:谷川 流:電撃文庫
  1. 2006/06/17(土) 23:36:23|
  2. 版権絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


 やっと梅雨って感じの雨が降り。
梅雨入り前は結構降ってたのに、梅雨入りしてから雨降ってなかったんで
そこそこ楽だったんですが、さすがに一日中降られるときついなぁ。



拍手レス
>トップが2月の日記になってますよー
>あとうたわれは予告の時点で半泣きでしたがなにか

 どもです、原因はわかりませんが力づくで直しました。
僕はキミが直るまで殴るのをやめない!!
 うたわれはあれです、知ってたらたぶん自分も泣いてました!!

>大ニャン!大ニャン!
>キャッチザハート!
>タイトー!

大ニャンとか意味わかりませんね。
ベリーメロンでメロンとか食ってろということですね。
ってそこでタイトーかよ!! 最近聞いた覚えがないよそのCM! 意味わかんねぇよ!?むしろベリーメロンでも意味わかんねぇですよ!?
  1. 2006/06/15(木) 22:29:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

て、ことで


 移転しました。



 シフト2読了、ハードカバーなんで硬いし読みづらいし高いし、
内容的にもなんで電撃文庫でださないのか微妙に不思議だけど、
くやしいくらい面白い。
悪魔のミカタも気になるがとりあえずシフトを終わらせてというか読みたい、
続き読みてぇぇぇぇぇ



読了
シフトII 世界はクリアを待っている:うえお 久光:メディアワークス
  1. 2006/06/14(水) 21:56:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界をしっぽで満たしたい

狼と香辛料よりホロ


 うたわれるもの・・・、おやじさんの最後で泣きそうに、ていうか泣いた。
アルルゥの「おやじ、おきろ」は反則。


 絵は狼と香辛料よりホロ。
某ロリコンの人にホロを布教したところ、策略どうり嫁認定を受ける。
そして「ホロにかぼちゃぱんつとかはかせたい」とか言ってのを聞きビビビと描いた。
ちなみにあの世界の文明レベルだとおそらく、下着自体が無いがそこはあれである。
ギャップを楽しむことが重要なのだと小生は思うのである。
ギャップを楽しめない人の為に押したら全裸に。
あと、7cさんにも布教してた、描いてた。
この世界にホロ絵を増やす作戦は順調である。
  1. 2006/06/13(火) 22:49:15|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ターニャ・リピンスキー
 絵は北へよりターニャ・リピンスキー
久しぶりに描いたですよ。

 そして連続で更新すると日記に書くことは無いわけで。
一日じゃ拍手コメントも無いしネ! 
  1. 2006/06/12(月) 22:50:27|
  2. 版権絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラヴァイオレット


 金曜はデスノート試写会に行く予定だったのですが、
家に試写会券忘れて見に行きそこねましTAAAAAAAAAAAAAA!!
こんな初歩的なミスを・・・
orz


 まぁ、気をとりなおして、ウルトラヴァイオレット感想。
前作リベリオンでガン=カタを伴って鮮烈な登場を遂げたのカート・ウィマー監督の大二作目、
リベリオンは監督とクリスチャン・ベールの共同作というか、ベールの身体能力の
高さが無ければ完成しなかったであろうガン=カタアクション映画でしたが、今回は
リベリオンと違って予算いっぱいで作りたいもの作れたらしく、肉体的なアクションよりも
CGなどを使った映像的なアクションが印象に残りました。
 重力レベラーにより空に落ちるアクションやら、同じく重力レベラーにより、
重力ベクトルをずらしたバイクアクション。
 武器を出すだけでもウフコックが「俺の有用性を証明する」とか言いそうな
武器の収納方式だったりとかリロードだとか、マルドゥックスクランブル実写化したら
こんな感じなんだろうなみたいな映像も結構。
 アクションもさすが監督というか見得決まりまくりですが、ガン=カタというには
型の部分のタメというかキメの部分が足らない気がします。
ガン=カタを使うためにはクリスチャン・ベールくらいの肉体能力が無ければいけない
つーことなんでしょうが。

 作品全体としてはリベリオンよりアクション多めで良い感じじゃないかと。
うん? ストーリー? まぁフツー。


拍手レス
>裸Yシャツは人を悶え殺せる破壊力ですね! 先生の描く裸Yシャツは特に!
 前半部分は賛同しますが、後半部分は微妙に納得しかねます!
何かいやらしい念を受けたので一枚足しときました。
きっとこれでより健全に

>終わクロ絵が見れてお腹いっぱい夢いっぱいです。良いものをありがとうございます
こちらこそありがとうございます、まだまだ描きます。

>レンタルで面白そうだと手に取ると 手元にあるのはアルバトロス
まて、それはアルバトロスのわなだ。
落ち着いて戻すか、つまんなくても泣かない。



読了
ガンパレードオーケストラ 白の章 青森ペンギン伝説:榊涼介:電撃ゲーム文庫

  1. 2006/06/11(日) 17:06:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぎゃあ

千里
気づいたら随分と更新してねぇ!?
ら、落書きだけでもおいてきます・・・

ウルトラヴァイオレット見てきました、さいこう
狼と香辛料II読みました、さいこう



読了
狼と香辛料II:支倉凍砂:電撃文庫
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学:山田 真哉:光文社新書


  1. 2006/06/09(金) 08:04:10|
  2. AHEAD・都市絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。