Mount Position跡地

大山と書いておおやまと読まない大山がいろいろとなんかを描いてたところですが引っ越しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウルトラヴァイオレット


 金曜はデスノート試写会に行く予定だったのですが、
家に試写会券忘れて見に行きそこねましTAAAAAAAAAAAAAA!!
こんな初歩的なミスを・・・
orz


 まぁ、気をとりなおして、ウルトラヴァイオレット感想。
前作リベリオンでガン=カタを伴って鮮烈な登場を遂げたのカート・ウィマー監督の大二作目、
リベリオンは監督とクリスチャン・ベールの共同作というか、ベールの身体能力の
高さが無ければ完成しなかったであろうガン=カタアクション映画でしたが、今回は
リベリオンと違って予算いっぱいで作りたいもの作れたらしく、肉体的なアクションよりも
CGなどを使った映像的なアクションが印象に残りました。
 重力レベラーにより空に落ちるアクションやら、同じく重力レベラーにより、
重力ベクトルをずらしたバイクアクション。
 武器を出すだけでもウフコックが「俺の有用性を証明する」とか言いそうな
武器の収納方式だったりとかリロードだとか、マルドゥックスクランブル実写化したら
こんな感じなんだろうなみたいな映像も結構。
 アクションもさすが監督というか見得決まりまくりですが、ガン=カタというには
型の部分のタメというかキメの部分が足らない気がします。
ガン=カタを使うためにはクリスチャン・ベールくらいの肉体能力が無ければいけない
つーことなんでしょうが。

 作品全体としてはリベリオンよりアクション多めで良い感じじゃないかと。
うん? ストーリー? まぁフツー。


拍手レス
>裸Yシャツは人を悶え殺せる破壊力ですね! 先生の描く裸Yシャツは特に!
 前半部分は賛同しますが、後半部分は微妙に納得しかねます!
何かいやらしい念を受けたので一枚足しときました。
きっとこれでより健全に

>終わクロ絵が見れてお腹いっぱい夢いっぱいです。良いものをありがとうございます
こちらこそありがとうございます、まだまだ描きます。

>レンタルで面白そうだと手に取ると 手元にあるのはアルバトロス
まて、それはアルバトロスのわなだ。
落ち着いて戻すか、つまんなくても泣かない。



読了
ガンパレードオーケストラ 白の章 青森ペンギン伝説:榊涼介:電撃ゲーム文庫

スポンサーサイト
  1. 2006/06/11(日) 17:06:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | ぎゃあ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizan.blog11.fc2.com/tb.php/108-5235be4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。