Mount Position跡地

大山と書いておおやまと読まない大山がいろいろとなんかを描いてたところですが引っ越しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かたちがきらいですもの

セブンスドラゴンよりアイテル
 絵はセブンスドラゴンよりアイテルさん。
 良くわからない間にネタキャラとしての地位を獲得した感がある人。
絵を押すと大きく。


 今年初めて行く試写会、ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー。
ゲームをやってない人間には微妙。SFファンならとても微妙。
バイソン将軍の世界征服プログラムを実行してバイソンドルを発行してたほうがいいとすら思う程度に。
 あらすじ、実業家の娘であるチュンリー。あるとき父はシャドルーにさらわれ、母は心労で倒れる。
チュンリーはシャドルーを知る男、ゲンに弟子入りし、父を取り戻すための戦いに挑むことを決意する。

 今回は四天王がそのままの名前で出てくる、ベガはベガでバイソンはバイソンである。サガットはいない。
正直何がしたいのか分からない映画。SFにしては設定違いすぎだしストリートファイト重視してないし
普通に銃撃するし、これストリートファイターのネームバリュー借りただけのただのB級アクション映画ですよね的な
ゲームファンへのアピール的なものはちらほら見えるけどそれだけ。
 別に原作と違いすぎてても面白ければいいんだが、決して面白いと言える出来でもなし。
気功拳を撃つシーンは延々と気を溜めまくるリュウを思い出しました。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/23(月) 08:58:30|
  2. 版権絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フブッほ | ホーム | バタフライ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daizan.blog11.fc2.com/tb.php/252-5f7f0a1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。